Author Archives: nagasaka@work-up.net

【COLUMN】Vol.272 全日本後半戦スタート

毎年感じることだが、鈴鹿の8耐が終わると、全日本の後半戦は一気に終盤戦に差し掛かる。

俺達は毎年、8耐明けにさっさと?夏休みを取り、後半戦に備えるのが常だ。世間の人達に合わせてお盆に休むと、休み明けの全日本、もてぎラウンドの準備に支障をきたすから。

 珍しく夏休みを海外で、なんて思い、風光明媚なベトナムのハロン湾やボートクルーズで自然を満喫?・・・出来なかったな。失敗した8耐の反省や来年の事などが頭から離れない、8耐で骨折した涼の全日本はどうしよう、走れなかったら代替えのライダーは。ハロン湾の船の上で考えてもしょうがないのに。(苦笑)

 休みが明け、早速もてぎ。案の定、試乗した涼は 「レーススピードは無理です、力が入らないので転んでしまう」弱気なコメント。普段強気な言動の涼だけに、俺は(相当ヤバいな)感じた。考えてみれば無理もない、腕をバッキリ折ってプレートで止めてから1週間も経ってないんだから。それでも一度は「乗ってみます」トライした涼、若いけど普段からの強気な言動は伊達じゃない。

 急遽リプレースに指名した哲平。8耐では1000に乗っているけど、ただでさえ難しいもてぎ、行き成り乗せて何処まで戦えるか?それよりも乗れるか?だったな。

まあ、結果から云えば及第点?の15位、俺はレース前に「哲平、1ポイント1万円の賞金だ」煽ったが、哲平は終始クレーバーな走りで、地味に6ポイントゲット。(笑)

哲平にとっては良い経験になったようで、その後のオートポリスでは終始良い感じで走っていたな。(600のGP2マシンが軽く感じるのだろう)

 そのオートポリス。東京からだと一番遠いサーキットだが、天気さえ良ければそれこそ“風光明媚”?阿蘇の雄大な景色は目の保養になる。朝、ミルクロードという山道を上がっていくと、緑の絨毯と共に雲海が広がる、それは見事な景色なんだ。

ところが、一歩間違えればその雲海は、山間のオートポリスを覆い尽くしてしまうんだ。全日本の事前テストは正にそれで、ほとんどまともにテスト出来なかった。(オートポリスの電源設備のトラブルもあったけどね)

 俺達にとっては哲平が良い感じだったのと、涼が、もてぎの時より全然良くなっていたことが確認出来たぐらいのテストだった。

 翌週改めてオートポリスへ。

最悪!この一言に尽きる。先週のテストからまともに走れていないのに、レースウイークも同じ。参りました。

ST600JSBに2クラスが2レースを予定していたが、キャンセル。ほとんど走れないまま、奇跡的に晴れた日曜日に一気に予選・決勝。

俺達は、調子の良かった哲平が最後まで優勝を争ったが惜しくも2位、涼は相当苦しかったようだが、何とかこらえて8位、大輝も初めて一桁フィニッシュ。

なんだ、テストなんてやらない方が成績いいな。(苦笑)

 来週は岡山の事前テスト。やらない方がいいかも知れないけど、やっぱり行こう (苦笑)

 岡山が終われば、後は最終戦の鈴鹿だ。ここで手綱を緩めたら、今までの苦労が水野涼?スイマセン、水の泡になる。

 

【COLUMN】2018年全日本第6戦

2018年全日本第6戦もてぎ2&4

【PHOTO GALLERY】2018年鈴鹿8耐

2018年鈴鹿8耐

【COLUMN】Vol.271 2018鈴鹿8耐

28800分の180で終わってしまった。

8時間耐久は、480分、28800秒。俺は8時間を秒数に置き換えるのが常なんだ。

今年の8耐は180秒ほどで終わってしまった。実際には5時間近くまで走って、順位も15位ほどまで追い上げていたが、トップとは5ラップ以上の差が付き、俺達が望んでいた優勝はおろか表彰台すら絶望的になっていた。

レースは諦めたら終わり、俺達は最後まで望みを捨てずに闘っていたが、今年も俺達には足りないモノがあったのだろう、何と二度目の転倒を喫してしまった、それでもピットまで帰って来てくれれば俺達は諦めずに闘っただろう、しかし転倒した水野は左腕をバッキリ骨折、再びマシンに跨ることが出来なかった。

最初に転倒したランディは右手の小指を欠損し、水野は腕。仮にマシンとライダーがピットに帰って来ても、残りの3時間をドミニク一人で闘うのは無理があっただろう。

2018年の8耐は終わってしまった。あっさりしたモンだ、去年から準備していたつもりだったが、アッという間に終わってしまう。レースって怖いよな(何を今更?)(苦笑)

2004年から本格参戦した鈴鹿8耐、参戦2年目3年目と連続で表彰台に上がり、2010年には頂点に立ち、13・14年と連覇。その後、俺達のチームで闘ったライダー達は他のメーカーやチームに移動。今年の上位チームには、もれなくハルクプロで優勝経験のあるライダー達が揃っていた。(優勝経験のあるライダーは強い、当たり前だが速い)

今年のレーススタート前、ライダーに「転倒はダメ、完走することが大事」言うのを忘れた、ライダーだって転倒は嫌だし、ケガするのはもっと嫌な事なのは百も承知。仮に俺がスタート前に注意したからと言ってどれほどの効果があるか疑問だけどね。

8耐の難しいところは、スピードと安定性のバランス。今年の8耐は、正にその二つが求められるレースだった。一人が欠けても、キッチリ優勝したヤマハチーム。走行後ピット裏で出くわしたマイケル、一言目に「涼は大丈夫か?」走り終わったばかりでこの言葉、余裕が違う、まあ、マイケルの人柄もあるけどね。

俺達にとって厳しい結果しかない今年の8耐だったが、巧やタカが2位になり、藤井のTSRチームがEWCの年間チャンピオンになった。たった一回の鈴鹿すら失敗した俺達からすれば、シリーズチャンピオンを獲得したTSRチームはすごい、心からおめでとうと言いたい。

俺は常々、レースは準備8割現場2割と考えている。今年に関しては準備の段階で5割くらいだったかな?スピードの部分では何とかなったが、レースを闘うセッティング、安定性に関しては仕上げ切れなかった。

上手く行かなかった原因を究明し、来年に向けて準備を始めなくては。

俺達は絶対に諦めない。

 

【COLUMN】Vol.270 2018鈴鹿8耐真近!

全日本の前半も終わり、いよいよ8耐だ。

今年の夏は異常に早く、毎日が酷暑。そんな中でも8耐のためのテストはやらなければならない。一回目のテストは雨、まあ、梅雨の真っ只中だったからしょうがない、お蔭でウエットのテストは十分過ぎるくらいやった。

 翌週のテスト三日間はドピーカン、毎日35度超えで、ライダーもメカニックもヘトヘト。

俺達も、セッティングの摺合せ、燃費の測定、ロングランで問題集積他、確認作業満載。

 昨年まで長い事一緒にやっていた巧が、今年はHRCに移ったので、俺達に基準が無くなった。全日本で涼が乗っているマシンセッティングがそのまま使えれば良かったが、細かな問題が出てくる(毎度の事ではあるが)例年だと巧がきっちりタイムを出すので、他の二人は何も言えない。今年は基準の涼が巧ほどの絶対感が無いので、チームとしても迷いが生じる。まあ、それだけ巧は安定感があったということだね。

 昼間の走行が終わると当然食事、今年の外人ライダーは全員和食好き、それも寿司。

俺がいつもお邪魔している寿司安に行ったら「美味しい・美味しい」満足そうな顔。良かった、俺達も海外へ行くと食事は大事なイベントのひとつになる。日本にいると気にならないのだが(当たり前だ)仕事が終わってからの食事は大事。海外から来ているライダーも一日の仕事が終わり、食事が楽しみである事に変わりは無い。

翌日又食事、俺が「何食べたい?」そうしたら又「寿司」どんだけ好きなんだよ。() 

ところが、彼等の行きたい寿司屋はどうも違う、何という事か、回転すしに行きたいと言うんだ。俺は大笑いして「いいよ行くよ」

 その回転すしで驚いた事。注文するのに使うタッチパネル、ちゃんと英語表記があるんだね、ビックリだよ。念願の回転すしに来られたランディ、得意げにタッチパネルを操作して注文の嵐、俺のがなかなか来ないだの、何でドミニクのが早く来るんだ、誰がこんなに注文したんだ?これはなんだ?俺は笑いながら「全部ランディのコントロールだよ」言ってやった。寿司安とは違う食べ物だったけど、楽しくコミュニケーションが取れたよ。

 PJ(パトリック・ジェイコブセン)は何と!お好み焼き、それも“浪花でおます”だって

俺はすぐにピンときたね、(藤井だ!)知る人ぞ知る知らない人は全く知らないけど、関西風のゴッテリしたお好み焼き(以前は元気のいいお姉ちゃんがやっていたけど、今は知らない兄ちゃん)変なモンが好きなやつだなPJ。

 今年の8耐ライダー選抜は紆余曲折があったけど、結局元のサヤに戻った。

水野 涼、ドミニク・エガータ、そしてランディ・ド プニエ。助っ人の二人共とてもイイ奴だし、食べ物の心配もない。昼間はパスタにバナナ、涼にはミニトマト食べさせておけば心配ないし(笑)

今年もハルクプロは全力投球。

 

【COLUMN】Vol.269 2018年全日本ロードレース選手権第5戦筑波

2018年全日本第5戦筑波

【COLUMN】Vol.268 全日本R4菅生

今年も梅雨の真っ只中に菅生のレースがあった。毎年雨にたたられる感のある菅生だが、今年は良かった。JSBクラスが土曜日にレース1が有るから心配だったよ。

 そのレース1、ウオームアップラップで多重クラッシュがあった。モニターにも映ったのでレースディレイになるなと思ったら、赤旗。???

絶対に1周しか回らないはずのウオームアップラップ。普通に考えたらレースディレイで、片付けコース清掃が終わった段階で1周減算のスタート、これが普通。レーススタートしていない段階で赤旗って、要は全部無しでやり直し。

多重クラッシュの原因になったライダーも何もかも関係無く、やり直し。

 俺のレースに関する考え方は、走ってナンボだからレース前の事なんかどうでもいい。競い合う事が楽しい。それがレースだと思っている。ただ、今回のケースではクラッシュの影響を受けてレース1を走れなかったライダーがいたのが可哀想だった、原因を作ったライダーはレースを走る事が出来たのに(ディレイドなら何某かのペナルティがある)。

 今回の場合、先頭集団でのクラッシュだったので、主催者は即赤旗で後続に危険を知らせる判断だったようだ(しかし、レースでは無くウオーミングアップラップ)。

イエローフラッグは何のためにあるのだろう?こういった判断で赤旗を出すとライダー達は今後もイエローフラッグを軽視する危険性をはらんでしまわないか?(ホントに危なけりゃ赤旗が出るさ、なんて)

 オートバイのレースは危険が伴う。それは分かっているつもり。だからこそキチンと約束事は守らないと、それは参加者も主催者も同じじゃないかと俺は思っている。

 その荒れたレースで涼が初めて上位を走った。JSB経験の少ない涼は微妙なコースコンディションや路面温度に対しての対応が未熟だが、今回は低い路面温度を上手く掴んで、今季最上位でのフィニッシュを果たした。

 翌日は全クラス。最初のレースがGP3、このレースも赤旗中断でレースやり直し。

転倒したライダーに対してコースオフィシャルのミスリードがあり、説明を受けたライダーがレースに参加出来なかった(この場合は、規則に則った判断だが、コース上での説明に誤りがあったようだ)。※赤旗の場合5分以内にピットレーンに戻らなければならない。

 押し掛けでエンジンの掛かり難いGP3マシンとセルフスターター付きの他マシン、同じ時間内に戻れという規則、少し不公平な感じがするのは俺だけだろうか?

故にGP2マシンもセルフスターターを装備していなければならない規則があるのに。

GP2では哲平が粘りの走り?で3位表彰台ゲット。トップグループからは離されてしまったが、クラス初の表彰台だから、まずはめでたい。

 JSBのレース2。昨日のようには行かなかった涼、それでも当面の目標であるシングルフィニッシュを果たしたので、今回は及第点(笑)。

 最後が上原大輝ST600。昨年はJP250で常にトップグループを走り、とても国内ライセンスとは思えなかった走りを見せた大輝、ところが今年ST600に乗せたら全然お話にならない。あんなに速かったヤツが、まるで別人のように萎縮して元気がない。自信が無いのか分からないのか、誰かれなく走り方を聞きまくって、余計に混乱している(笑)。

まあ、誰でも一度は通る道だから俺はほったらかし。自分で考えて上がってくるしかない。頑張れ大輝。

 

ぜ今週は筑波だ、先週の事前テストでは涼が来て二人にアドバイス。涼は自分以外には極めて厳しい。でも、さすがに全日本で2クラスのチャンピオンは伊達じゃない、視点が鋭い。涼が二人いれば、涼の走りも厳しく見れるのに。(笑)

 

【PHOTO GALLERY】2018年全日本ロードレース選手権第4戦スポーツランドSUGO

2018年全日本ロードレース選手権第4戦スポーツランドSUGO

【COLUMN】Vol.267 全日本ロードレース選手権第三戦オートポリス

連休明けにオートポリスで2&4が開催された。

 オートポリスで毎年悩まされるのが気まぐれな天候。今年もまんまとハマってしまった。

今回は事前テストがゴールデンウイーク中にあたるので開催されなかったし、全日本の基本的な約束事で、木曜日の特別スポーツ走行も無く、金曜日のART走行からとなった。

 金曜日は絶好のコンディションで、大津の町からミルクロードを上がっていくと見事な緑の草原が広がっている。俺はこの景色が大好きで、この景色が楽しみでオートポリスに来ているようなものなんだ(笑)

 JSBの涼はこのところ調子が悪く本人曰く「スランプなんです」スランプに陥ったライダーを数多く見てきた俺は、JSBチームと相談して「リハビリセットで行こう」対策セットで現地入りした。

 金曜日の一回目、二回目と走り、モヤモヤした感じが取り切れないまま下山?翌日も好天に恵まれたが、残念ながらまだ予選。俺は「今日が決勝だったら良かったなあ」何度も呟いていた。そんな中で行われた予選1回目、涼は2回目に進める10位以内から滑り落ちそうだったので予選2で使う予定のニュータイヤを投入して二回目の予選に滑り込んだ。しかしその予選2で、ポールのヤマハからは2秒以上離されてしまった。

余程の事が起きない限り挽回は出来ない。

 日曜日、決勝の朝。ホテルの部屋から見える景色は真っ白、雨も降っているし、何よりも暖かくて風が無い。(霧が出るには絶好?のコンディション)暗い気持ちで、昨日までは絶景だったミルクロードを登って行く。(だから言ったじゃない、昨日やっておけば(苦笑))

 コースに到着してもやる事が無い。ARTの仕事?で車に乗ってコースチェック。やったって同じ、見えないものは見えない。度々時間をずらし何とかフリー走行をこなし、即決勝。

しかし、この決勝が難しかった。朝から降っていた雨は上がったが、立ち込めていた霧(下界から見れば完全な雲?)が中々晴れなかったので思ったようにはドライにならない。

 グリッドに付いた涼に「スリックで行けないか?」何度も確認したが涼の答えは「無理です」

ライダーが無理と言っているものを俺達は強要出来ない、走るのはライダーだから。

 10年位前に岡山で当時のライダー小西良輝に「お前なら出来る、ドライタイヤで行け」スタートした時は水しぶきが上がるほどだったが、小西は見事にブッチギリで勝った。

 レースを前にしたライダーの心境は複雑だ。もちろん、どんなライダーだってレースに勝ちたいと思っている訳で、負けに来るライダーなんていない(いるのかな?)

 ハイパワーのビッグマシンを微妙なコンディションの中でスリックタイヤをチョイスするのは、勇気と技術の裏付けが必要だ。

結果的にはコースは乾き、ラスト5ラップ位はレインタイヤを履いたライダー達は惨めだった(その中に涼もいたが)スリックに賭け勝負に出たライダー達には勝利の女神が微笑んだ。

 今年は勝つどころか表彰台にも上がれないレースが続いている。この悪い流れを早く断ち切らないと。(この流れを作った野郎がいるんだよな~)なんて嘆いている場合じゃない。

実力で断ち切らないと。勝利の女神に名前忘れられてしまう。

 

【PHOTO GALLERY】2018年全日本ロードレース選手権第3戦オートポリス2&4

2018年全日本第3戦オートポリス