Author Archives: nagasaka@work-up.net

【PHOTO GALLERY】2019年全日本第4戦

2019全日本第4戦筑波

【PHOTO GALLERY】2019年全日本第3戦

2019年全日本第3戦スポーツランドSUGO

【COLUMN】Vol.277 2019鈴鹿2&4

ブレイクの兆し?

茂木で開幕した全日本。第2戦目はJSBクラスのみ行われる鈴鹿2&4レース。涼は、前の週に事前テストで少し手応えを掴んだようで、何となく自信たっぷりな態度をしている。

ライダーは誰でもそうだがいくら隠しているつもりでも顔に出る、涼みたいな若いヤツは特にそうなんだ。あのポーカーフェイスな巧でも自信と手応えがある時は全然違う。

俺は金曜日の夜には「明日のレースは巧が勝つね、中須賀?ヤバいよ」まあ、結果的に的中したから語れる。()

 当の涼、レース1良いスタートダッシュでトップグループに滑り込む。「ヨ~シッイイ感じ」と思ったのも、つかの間僅か2周位で後続に抜かれる、その抜かれ方が尋常じゃ無い。

「???何だ???」その後も順位を落として行く。チョット待てよ、いくら何でも落ち過ぎじゃない?トップグループはおろか、セカンドグループよりも遅く、その後ろのライダーにもつつかれ始めた。タイムと順位は落とすがストレートスピードは相変わらずピカいちなんだ。俺達はライダーがコースへ出たらどうすることも出来ない、何かトラブルが出たらライダーに任すしかない。

 去年から俺達のバイクは速い、同じバイクを使っているチームは他にもあるが「負ける訳には行かないよ」チーフ光太郎。

JSBはプロダクションマシンだからいじれるところは限られる、差を付けられるのはトータルバランスを如何に取れるかだ。(基本だけどね)

ホンダ陣営で一番長く今のCBRを使ってきたからね、色々細かく、、、ねっ。

 そこで、涼。更に順位は落ち8位まで下がった、明らかにおかしいのは分かったが、何がおかしいかは分からない。ピットでヤキモキしているだけの俺達。

涼は何とか踏ん張り8位でゴールした、レース1は周回数が少なかったのが良かった。帰ってきたマシンをチェック、トラブルは明らかに出ていました。

 序盤に涼の後ろに付けた加賀山が 「コイツおかしい何でこんなに暴れているんだ、早く抜かなきゃと思って抜いても抜き返されちゃう、涼のバイク速過ぎ」 嘆いていた。()

 それからトラブルの原因究明に努めたけど、特定は出来なかったな。

こういったトラブルは早く出た方がいい。8耐本番なんかで出られたら一巻の終わりだよ。トラブルに関連する部品は全部交換して万全を期した。

 8耐本番と言えば、今年も俺達はライダー探しに苦労している。なるべく早いうちに絞り込んでテストにも多く乗って欲しいから。しかし、俺達の本命視していたライダー、プランAはダメだった。一人は本来のレースに集中したく、もう一人は契約の問題。プランAで残ったのは水野涼だけ。当たり前か()俺達は今、プランBからCにまで網を張っている。

 レース2では生き返ったマシンで涼が暴れた。一瞬、逃げる巧を追って2番手になった時は問答無用で喜んだよ。セカンドグループでレースが出来た涼だったが、最後のシケインでは経験の差がでたね。まあいい、新しい経験が出来た事は次につながる。涼にとってこのクラスに上がってから一番いいレースが出来たと思う。表彰台に足が掛かっていたけどね、野佐根に蹴飛ばされてしまったな。()

 レース前の事前テスト、レースウイークと恒例のグリーンミーティングもやった。鈴鹿の飛ばし屋達、半端じゃない。70歳の古希を迎えるジジイには荷が重い、なんて言いながら少しでもオーバードライブすればいい気になる。気だけは若い現場監督でした。

 

【COLUMN】Vol.276 最悪のレースから丸一年

2019年開幕もてぎ

今年も全日本が開幕した。例年寒かったり雨が降ったりとかで、あまり良いイメージがなかったけど、今年は天気に恵まれたな。

 レース前にトランポがバイクや機材乗せたまま盗まれた事件が複数起きたり、岡山では不幸な事故があったりと暗かったが、レースは好天気のせいもあり、各クラス好タイムが記録されていた。

GP3は当時とエンジン規定が違うので比較にならない、GP2は予選用タイヤを活用した高橋のタイムはハードルが高い。そんな中、JSBの巧と中須賀が驚異的なタイムでレコードブレイク。BSSTタイヤは半端ない、GP2のスリックと遜色ない?特に岡本の走りは圧巻だったな。GP2の哲平や育寛にハッパをかけたよ。

 俺達のレースはGP2から、哲平は去年ポールポジションスタートながら、チェーンが外れるトラブルでリタイヤしている。(未だにナゾのまま)朝のフリー走行が終わった時点でチーフの堀尾が渋い顔(決していい男に使う意味での渋いでは無い)「昨日から水のリターンが多いんですよ、特に水温が高い訳でも無いのに」朝、考えられるパーツは交換して出たらしい。俺は「去年の事もあるから換えよう」即答した。

事務局に行き申請用紙にエンジン交換理由を書き込み終了、、、じゃない。受領書の代わり?に領収書!俺「今払うの?優勝するから賞金から引いてよ」そんな事を聞いてくれる所では無い。ハッキリ「ダメです」()

 恐らくヘッドガスケットの不良だろうね、エンジン壊す前に換えるのが無難。レースは哲平が二年分のうっぷんを晴らす勢いでブッチギリ優勝。榎戸も健闘していたが、表彰台には届かなかったな、まあ、少しずつ上がってくるだろう、スピードのセンスはある。

 その次は前日のレース1に続いてJSBのレース2.涼がレース1に続きレース2でも6位入賞。トップグループの二人はもちろんの事、セカンドグループにも離された涼の顔は悔しさでいっぱいの表情。この顔が必要なんだよ、6位で満足していたら先が見えてしまう。

JSB二年目の涼が今年ブレイクするかどうか、俺達が去年感じたことから、今年の取り組み方を変えさせたことの成果が試される。

 最後はST600.上原大輝。これが問題。いいものは持っているんだけど何故か発揮出来ない。

JP250みたいなヌルいレースやらせたからなのか、本人の性格なのか、とにかく解らない。話は良くするしバイクについても良く勉強している(と思う)とにかく成長しない。

レースも2周目の1コーナー飛び込みでハイサイド転倒。スタート前に「基本を忘れるな、スローイン・ファーストアウトな!」全日本のレーススタート前に言う言葉でも無いとは思うけど、実際、タコ突込みするからしょうがない。そして案の定。(苦笑)

 俺も数多くの若いライダーを育ててきた、もちろん全部がトップライダーになれる訳ではないけど、色んなタイプの奴がいるね。

 去年はアホな競技監督のせいでポイントを取り損ね、それが響いて年間ランキングが落ちたのでトップエントラントの優遇が一切受けられず、それどころか特別枠申請をARTに出したので、総額ん十万円の損失(よりによって今年からエントリー代金高くなったし)

いい加減な規則書(俺のお陰でさっさと修正したね)のせいでエントラントが多大な損失を被る。俺は一年間声を上げ続けるよと公言していたからあっちこっちでブチまけたけど今回のもてぎで収める、丸一年。早え~な、うちのライダーも早く成長して欲しいモンだ。

 

【PHOTO GALLERY】2019年全日本第2戦

2019年全日本第2戦鈴鹿2&4

【COLUMN】Vol.275 2019年スタート

正月も過ぎ、今日は成人の日。

街には、普段は絶対に着ないであろう着物姿で着飾った女の子達がうようよ。

近年、選挙権年齢引き下げとか成人の年齢を18歳にとかで、世の中が変わってきている。18歳で成人と言っても、酒やタバコは20歳からとかで、ややこしい。

反対に歳を取ったほうは65歳定年とか70歳年金交付とかで、高齢者の現役延長が検討されている。要は社会における稼働人数を増やそうとしているのか?そのくせ土日休みを推奨し、振替休日や正月お盆休み、今年からゴールデンウイークは10連休?合計すると1年で120日以上も休みを取る計算になる。1年は365日って昔から決まっているから、3日に一回休む訳だ。社会の稼働人数は増やすけど、休みも取りなさい。企業は大変だ、勤務社員が増え、人件費は高騰、稼働日は少ない。何だかチグハグな感じがするのは俺だけだろうか?

俺達のレース界は、と言うと「少子高齢化」の波をモロに受け、ライセンスの発給枚数はガタ落ちで、最盛期の3割前後?(詳しい数字は忘れた、雰囲気)10万人が3万人前後って事。各カテゴリー別の数字を持っているのはMFJだろうけど、俺達のロードレースに関して言えば惨憺たる数字だ。地方選でGP3クラスが出走3~5台なんてザラにあるし、1台だけって施設もある(1台で、どうやってレースやるんだろう)。ほかのクラスに混走させるらしいけど、もう、ただの走行会だね(苦笑)。

人数が多かった時は、今より細かくライセンスが分かれていたけど、今は国内・国際だけ。まあ、フレッシュマンだジュニアだと、何だか分からない区分もあるけどね。

地方選・全日本選手権分かれてレースやってないで、統一ポイントにして、地方選はハーフポイントとかにすれば国際の選手が地方選に流れないかな?近所のサーキットだけ出ればイイ訳だし、練習出来て上手く行けばポイント加算出来る。誰が何処でどれくらいポイント稼いでいるか集計は大変かも知れないけど、MFJはその位の努力をしないと。テレビで他のスポーツ見ているとヒントがある。積極的に変革し、成功している他競技のシステムを研究する必要があると思うし、良い部分が見つかったら取り入れれば良いのでは。

携わる人達が、みんな優しいし大人しい(俺もそうだけど)。過激で危ない事は絶対に言わないし、やろうともしない。旧態依然となるのは必然、劇的な変革をしないと今のままでは廃れていくのは目に見えている。

新年早々耳の痛い話で申し訳ない。

レース界に、かつての様な輝きを取り戻さないと。取り返しのつかない事になってしまう前に、抜本的な改革をする英断を下して欲しいものだ。

今年も宜しくお願いいたします。

 

【COLUMN】Vol.274 2018年最終

忘年会のスケジュールもおおむね終了し、今年も残すところ今週一杯で仕事も終わり。

ハルクとしては予想していた事ではあったけど、厳しいシーズンでした。

昨年まで長い事一緒に戦った巧が移籍し、若いライダーばかりになった今年。巧なら上手く行かない時、マシン・ライダー両面から分析し、足りない部分をお互いに補う努力で戦えた。ところが若く経験の少ない涼だとそうは行かない。良かれと思って施すセッティング変更が逆に涼を迷わせる事になる事がしばしばあった。俺達は巧とやっていた経験を元にセッティングを施すが、涼にとってはセッティングが変わる度にフィーリングが変わるマシンに手こずるんだね。幅が狭いというか、許容範囲なのか、ピーキーと言えばいいのか、俺達の使っているマシンは気難しい。タイトコーナー、高速コーナー、上り下り、切り返し。あちらを立てればこちらが立たず、みたいな事に翻弄された。「そんなの、みんな同じだよ」と、言う人もいるかも知れないけどね。どのレベルで折り合いを付けられるか、なんだよな。

今年、俺達の目標はランキング10位以内だった。結果は11位。開幕のもてぎで規則書を良く見ない、思い込み競技監督のせいで1レースを失ったのが最後まで響いた。まぁ結果論だけど、あのレースで涼を黒旗出してまで無理矢理止めなければ、俺もしつこく言わない。自分の未熟さを棚に上げ、エントラントに不利な裁定を下す。権限を与えるとそれを振り回す、江戸時代の目明しじゃないんだから(お代官様のMFJは不備を認め、速攻で規則書を直した)。俺達が受ける損失は、10万20万じゃ済まない事を認識していないんだね。

まあ、元はと言えばサイティングラップで転倒した涼が悪いんだけど、若いからしょうがない(苦笑)。

その涼の、チャンピオンマシンを受け継いだ哲平。同じもてぎの開幕戦で、ポールポジションからスタートしながら、何とも不思議なトラブルでリタイヤ。俺の50余年に及ぶレース人生の中でも記憶に無いトラブル。いわゆる負の連鎖ってヤツだったのかな?!

俺達は今年最終戦まで勝ちが無かった。毎年複数のクラスで戦い、何れかのクラスで毎年勝利を重ねてきた俺達。「このまま終わるといつ以来の不名誉な記録になるのかなあ」。

15年以上続いた記録を継続させたのが哲平。難しいコンディションだったが、見事な勝ち方をしてハルクの記録を守ってくれた(まあ、誰もそんな事、知ったこっちゃ無い、俺達だけの秘かな喜び)。頑張った哲平は、最終ランキング3位まで上がった。

去年JP250で国内ライセンサーながら度々総合優勝を決め、当然のように初代チャンピオンになった上原大輝。今年はST600に上がり、もう少し活躍するかと思っていたけど、上手く行かないものだね、最終ランキングは11位だけど、大輝はもう少し行くと思っていた。

個人的にはだいぶ悩んでいたようだけど、俺達の世界は結果が命。今年の苦労が来年花咲くように、センスだけで言えば今の若手の中ではピカ一だと思っている。

鈴鹿の8耐は・・・思い出したくないなあ。

事前テストからバタバタだったから、決勝までにチームとしての体裁が整わなかったね。当然ベストなセッティングも決められずに臨んだ決勝。一番ベテランのランディが、何と2周目の2コーナーで転倒。その後再スタートしたが、欠損した指先からの出血と痛みからピットイン。彼はそのままリタイヤ。残りの二人で臨んだが、涼がウエット路面に再び足を取られ転倒し腕を骨折。この時点で俺達の8耐は終わった。たとえ涼が戻って来ても、残りをドミニク一人ではどうにもならない。

 「来年こそは」なんて根拠のない強がりは言えない。準備が出来たら言う時は言う。

レースは俺達だけでやっている訳じゃ無いから、負けることはある。要は負けた時に負けた理由を良く考え、次に生かす事。

今年はたくさん負けたから来年のレースに生かす事が一杯ある。若いライダーの育成を始めて早、20余年。こんな事、嫌というほど経験してきたからね。

今年も私どもを応援頂いたすべての皆様にお礼申し上げます、有難うございました。

 良いお年をお迎え下さい。

 

 

【COLUMN】Vol.273 2018全日本最終戦MFJ-GP

2018年全日本ロードレース選手権も全日程が終了してだいぶ経つな。最近はコラムも中々更新していない、理由はスマホのせい。FBやLINEなどで近況を都度報告がてらアップしたりするから、PCのキーボードで改まってワードで文章を書くネタが・・・(くどくど言い訳しているだけ)

最終戦の鈴鹿、毎年天候が悪く晴々した感が無い。今年は何故か木曜日の特別スポーツ走行から天気が良く、珍しいなと思っていた・・・が、やはりMFJ-GPは雨に祟られるんだね。決勝日だけはしっかり雨に翻弄されたよ。

JSBのレース1はしっかりウエット路面。他クラスも同様。俺達は今年、全日本で勝ちが無い。多くのクラスを戦い、何某かのクラスで勝ちを収めてきたが、ヤバい、2002年以来の記録が。俺達の胸中を知ってか知らずか、GP2の哲平が頑張ってトップ争い。途中少し離されかけたがしぶとく追い掛けトップでゴール!「ヤッター・ヤッター!ヤッターマン」不名誉な記録を作らなくて済んだ。

俺達の全日本なんて、そういった秘かな喜びと誇りしかない。15年以上全日本のクラスで、必ず勝ちを収めているチームなんて俺達以外に知らない。

最後のJSBレース2は微妙。俺は何とか路面状況を確認したかった(俺達のスポンサーであるブリヂストンは中途半端な路面用のタイヤが無い)。昔でいえば、カットスリックだとかインターミディエートみたいなタイヤがあったが。選べるのは、硬い、柔らかいの二種類のレインタイヤだけ。

俺は、もしかしたらスリックタイヤで後半勝負もありかな?と思い、直前のレジェンドレースでコースを走ってきた伊藤真一に聞いた。「スリックで行けるか?」伊藤の答えは「・・・」今、走ってきた伊藤でも迷う路面状況だった。

抜け目が無いのはYチームのワタル。俺が伊藤と話をしているのはしっかり確認していて、「シゲキさん、どんな状況だって?」俺が答える筈が無いのを知りつつ確認してくる。可愛いけど敵の監督としては油断のならない奴だ(鈴鹿8耐4連覇監督は伊達じゃない)。

結局、レースは俺達の悩みをあざ笑うかのように、前述のインターミディエートを持っている清成が、まさしくブッチギリで優勝した(たまには、こんな事も無いとなあ~!龍一)。

全日程を終えて、GP2クラスで哲平がランキング3位、ST600上原とJSB水野は、ともにランキング11位。

毎年、年間ランキング上位を占めてきた俺達には物足りない結果だったが、仕方がない。全員、クラスルーキーだったからな。口だけで若手育成だなんて言ってるチームがあるけど、20年以上連続して若手のライダー育成に努め、ライダーを輩出している俺達からすれば、「悩みの中身が違うよ」って、ところかな。

レースが終われば、後は打ち上げ。ホンダファミリーの打ち上げは例年通り。それが終わってからチームの打ち上げ。若手のセイヤと大輝は二次会場にたどり着けず、会場の階段を上がり切ったところでダウン。

若手の育成は、こんなところにも苦労が・・・(苦笑)。

【PHOTO GALLERY】2018年全日本第9戦MFJ-GP

2018年全日本第9戦MFJ-GP

【PHOTO GALLERY】2018年全日本第8戦

2018Rd.8okayama