HARC-PRO. の若手育成プロジェクト

2003年全日本最終戦。全日本開催全4クラス中、3クラスでハルク・プロはタイトル獲得を果たした。その内容は、ベテラン小西良輝がST600で、若手青山博一がGP250、青山周平がGP125で夫々、チャンピオンとなった。ベテランライダーが若手を引っ張り、チームもこれをサポート。既にこのときから、理想的な若手育成環境を目指してさまざまなアプローチを行っていた

ハルク・プロの若手育成プロジェクトは、1996年まで遡ります。

当時、HRCの副社長だった金澤賢氏から「ファクトリー活動の中で若手育成を行うのは難しいので、全日本の現場でチームにやってもらいたい」という依頼からでした。
そうして引き受けた若手育成プロジェクトの第1号は、山口辰也。
国際A級に昇格した山口をハルク・プロが受け入れ、1997年の全日本GP250クラスを戦い始め、2001年にチームHRC入りを果たしました。

二人目の若手育成プロジェクトのライダーとして受け入れたのは、青山博一。全日本GP125、GP250クラスとステップアップし、2003年に全日本GP250チャンピオンを獲得。翌年からWGPへ参戦を開始し、250クラスの最終年となる2009年には見事、世界チャンピオンに輝いたのは皆さん、ご存じの通りです。弟の青山周平もハルク・プロから全日本GP125、GP250クラスへ参戦。2003年にGP125チャンピオン、2005年にGP250チャンピオンを獲得し、翌年からのグランプリ参戦へチームから羽ばたいていきました。

2010年に全日本ST600クラスに復帰。翌11年は全日本J−GP2クラスに参戦し、タイトル獲得を果たして翌年からのMoto2参戦を果たした中上貴晶

現在、MotoGPで活躍する中上貴晶も、ハルク・プロから2006年の全日本GP125クラスに参戦し、全戦優勝。翌年からWGPへ参戦開始。さらに中上は2010年にWGPから一度全日本に戻り、ハルク・プロからST600クラスを戦い、さらに翌年はJ-GP2クラスでチャンピオンを獲得。2012年から再び世界グランプリの場へ戻り、現在はLCR Honda IDEMITSUからMotoGPクラスを戦っています。

2020年はJSB1000クラスに水野涼、ST1000クラスに名越哲平と榎戸育寛、ST600クラスに埜口遙希という四人の若手ライダーを走らせ、世界へ送り出そうと全日本のフィールドの中で育成プロジェクトを展開しています。さらに2014年からは、地方選手権を戦う若手ライダーの育成も、武蔵精密工業株式会社の協賛を得、MuSASHi RT HARC-PRO.スカラシップとしてスタート。若手三人のライダーに、元世界GP125チャンピオンである坂田和人さんを校長に、坂田さんを含めた三人のインストラクターという理想的育成環境を整え、ツインリンクもてぎで年10回のトレーニングを展開。その中から、全日本J-GP2チャンピオンを昨年獲得した名越哲平、今年Moto3クラスを走る山中琉聖、國井勇輝らを輩出。2020年で7季目となり、引き続き三名の若手ライダーのトレーニングを行っています。2020年には昭和電機株式会社の協賛で、可能性を秘める若手ライダーに、全日本J-GP3クラスへ挑戦する場を、ハルク・プロが提供。国内トップチームであるハルク・プロのハードとソフトを提供してサポートするというMistresa Jr, Teamがスタートしました。武蔵精密工業株式工業、昭和電機株式会社という二つの企業に支援いただき、MuSASHi RT HARC-PRO.スカラシップ、そしてMistresa Jr. Teamという二本柱の若手育成プロジェクトを展開することができています。
MuSASHi RT HARC-PRO.スカラシップでロードレースの基本をしっかりと学び、世界へ挑戦するための重要なステップとなるホンダNSF250Rでの全日本J-GP3クラス挑戦の場が経験できるMistresa Jr. Teamという、理想的な若手育成プロジェクトの流れを作ることができています。

MuSASHi RT HARC-PRO.スカラシップ

 

Mistresa Jr. Team