Vol.230 2月の俺達

寒い日が続く今日この頃、海外ではF1やMOTOGPのチームが盛んにテストを始めている。日本はなんでこんなに寒いのかね。サーキットに行ってバイク走らせようとしても合うタイヤも無いし、タイヤメーカーだって路面温度一桁の下の方なんて想定していないから準備していない。ウチのライダー達は盛んにオフロードトレーニングに精を出しているようだ。

最近、ロードレースのライダーが盛んにオフロードの練習をするようになってきた。とてもいい事だと思う。トライアルやモトクロスはバイクを動かす基本動作が詰まっているから。スロットルのオン・オフ、ステップワーク、スピニングコントロールと、まだまだたくさんあるよ。いつ頃だったかな?MXチャンピオンのジャン・ミッシェル・バイルという選手がロードに転向。かなり上手で速かった。残念だったのは少し身体が大きすぎたかな。加速とタイヤ摩耗に難があってロードのチャンピオンにまでは・・・。

オフロードトレーニングはいいけど、基本が無いから無理なジャンプとかで怪我しないといいけどね。

俺達の工場も盛んに今年の準備に掛かっている。アジアチーム用のマシン、スペアパーツの発送準備、その合間を縫って全日本用のマシン製作。今年はMuSASHiトレーニングから上がってきた若い二人がST600にチャレンジする。二人とも初めて上がる全日本で、どんな走りが出来るかな?楽しみでもある。

ST600も思ったよりエントリーが減らずに済んでいるようだ、今日現在年間エントリーが26台!OKだよね、良かった・良かった。BSの山ちゃんも胸をなで下ろしているだろうな(笑)。

JSBも若いライダーが大挙してエントリーしてきているので面白いレースが出来ると思うな。ウチも巧に続いてナオが。2台体制でJSBクラス1・2なんてね(笑)。

ナオのGP2マシンを奪った太郎は?去年から立ち上げた昭和電機ミストレーサーチームハルク・プロは太郎が引き継ぐ。どこまで行くかな?頑張れよ~、怪我すんなよ~。

GP3の二人、涼と佳祐は頑張るでしょう?涼は去年逃したチャンピオン奪還を目指しているし、その涼を喰おうと佳祐も虎視眈々。まあ、二人で頑張れ。

そういえば今月下旬にMuSASHiスカラシップトレーニング二期生のセレクションがある。今年はどんなライダーが来るかな?去年は後半先生が付いて行くのがやっと位まで生徒のレベルが上がったからね。今年はマシンもまた増やし、更に充実したスクールにしたいと思っている。

先日、千葉でドライダーコンペというのに参加した。4輪のドライバーと2輪のライダー合わせて“ドライダー”途中雪がちらつく中みんな好きだね(俺もか?)。頑張ってやっていました。俺は4輪のGTレースをオーガナイズする御仁とペアリング。色々ためになる話を聞かせてもらった。
ユキオが気を遣ってペアリングしてくれたみたいだけど、話のレベルもゴルフのレベル同様勝負にならなかったね。でも幾つか参考にしてみようと思える話を聞けたのは良かった事でした。
皆のペナルティーを交通遺児に寄付。一人満額で四千円。
黙ってほとんどの人が満額を寄付していた。それは気持ちからなのか、満額払うべきゴルフだったのか?俺?もちろん!文句無しの満額だよ(苦笑)。

Comments are closed.