Vol.192 マレーシアブンシュウチーム

APが終わってから、6月7月は全日本が夏休み?になる。

俺はその間を利用してアジア選手権に行ったり、MuSASHi Boon Siew HONDA MALAISIAチームの4耐サポートで鈴鹿に行ったりと、何かにつけて忙しかった。

アジア選手権はインドネシアで開催された。セントゥ―ルサーキットは昨年も行ったので様子も分かっている。ところが、今年は路面改修?が成されていた。マシンのメンテナンスがあるので早目に現地入りしたこともあり、時間に余裕があるのであっちこっち探索に行った時、その改修?されたという路面をみて思わず笑ったよ。昨年初めて行った時、路面の補修をコンクリートで行い、そこだけ白っぽくなるので黒のペイントが施されていたのを覚えている。そのペイント部分が目立たなくなっているんだ。全体的に綺麗になった舗装は、上っ面にコールタール?を塗りたくったようで、綺麗に見えるだけなんだ。例のコンクリート補修個所もちゃんと?そのままになっていた。(苦笑)

昨年も走っている藤原克昭は笑いながら「それでも去年よりはいいですよ」言っていた。事実タイムは昨年より1秒以上UPしていた。初めて走る龍一は、「結構ヤバイですね~」言いながらも、今回同行したウチのチーフメカ堀尾と共にマシンのセットアップを進め、イイ感じで攻めていたよ。

俺はサーキットの隣にあるゴルフ場のレストランで日本食を食べているうちに、暇な時間を有効活用?すべくコースの状況確認に行った。(笑) インドネシアのゴルフ場はサーキットと違い、素晴らしい!の一言。俺は早速翌朝の一番のスタートを予約、フロントで何時にスタート?と聞いたら、「Up To You」要は何時でも球が見えればそれがスタート時間らしい。でも、俺達は何も道具を持っていないから、「貴方達は何時にいるの?道具借りたい」聞いた。答は「Any time」恐るべしインドネシアのサービス精神、どこぞの国のゴルフ場とはエライ違いだ。

朝5時40分、一番のティーショットは素晴らしいものだったが、残念ながら暗くて良く見えなかった。(笑)

朝から身体を動かすと気持ちがいい。9時過ぎにコースへ行き何食わぬ顔をしていたが、チームの連中は俺達がゴルフやったのをみんな知っていて「昨日と違う、ニコニコな顔してる」冷かされた。

予選、レースと順調に運び、清成龍一は2レースとも勝ち、レース1ではアズランと1・2フィニッシュ!チームマネージャーのロドニーは、最終ラップに入った頃から堪え切れず目に涙を一杯ためて、ゴールしたら誰彼構わず「サンキュウ・サンキュウ」手を握り締めてた。そりゃー嬉しいだろうな、去年までは届きそうで届かなかった(BEST TEAM)のトロフィー。俺はお祝いをホテルのプールサイドバーでやる事を提案、その晩みんなでイヤという程盛り上がったのは言うまでも無い。(笑)

その翌週にはマレーシアの連中が鈴鹿に来た。そう、今年も鈴鹿4時間耐久に出るためだ。

昨年優勝のアズランは今年8耐に出場するので、新たなライダーは17歳のザクワン。こいつの事を俺達はチビダニーと呼んでいるが、ホントに速いよ。生まれて初めて走った鈴鹿で5周目には25秒台、その日のうちに20秒を切ってしまった。今年も慎重にやって、連勝出来たらマレーシアはまた盛り上がるな。

いよいよ来週からは俺達の8耐が始まる。一生懸命テストやって、昨年の失敗を繰り返さないように頑張ろう。7月の末なんてアッと言う間に来てしまう。

Comments are closed.