Vol.55  本番間近。

今年の全日本選手権へのエントリーを済ませた。
昨日までで締め切りだったので、大慌てで数多くの書類に名前や住所、車両番号やらなんだかたくさんある。以前はそんなもの無かった替わりに毎回同じエントリー用紙に同じ事を記入して主催サーキットに送ったもんだ。どっちが大変かといえば、毎回の方が大変なのは間違い無い。
ただ、一度に多くの書類を書くのが苦手なだけだ。(苦笑)
ARTではここ数年、エントラントに代わってまとめてエントリー用紙を各施設に送っている。その他にピットの割り振り、駐車スペースの確保テントスペースの確保パスの枚数等など。各エントラントも大変かもしれないが、事務局はこの時期本当にてんてこ舞いだ。
年間でエントリーする場合、一度だけ書類を作成すれば後はレースに参加する準備だけでいいので、結果的には楽になっていると思う。
俺たちも今年のエントリーを済ませ、新たな闘志を燃やしている。
今 年はJSB1000クラスを特化させる政策が打ち出されている。今までの全日本選手権は、各クラス同じように開催され特色が無かったので、今年からは JSBクラスを特別に前面に押し出した開催となる。長らく遠ざかっていたワークチームも復活してエントリーしてくるようになり、より華やかでレベルの高い 戦いになる事が予想できる。
そのワークスチームの筆頭がHRCチームだ。
ライダーは手島雄介。
手島は元々SP忠男のライダーだっ たのは周知の事実だが、自分の可能性を信じて新たなチーム(TSR)へ移り、今年HRCのライダーに抜擢された。わずか3年前の暮れに自分の行く先を模索 してた雄介が、まさかHRCのライダーを務める事になるとは・・・人生は分からないものだ。
頑張れ雄介!
復活したHRCワークスと共に本物のレースチームとはこういうものだという事を見せてもらいたもんだ。
もちろん!俺達だって負ける訳には行かないから頑張るよ。
いよいよ来週から本格的にテストが始まる。あとひと月でシーズンインだ。

Comments are closed.